過去の情報

最新情報に戻る | 2014年 | 2013年 | 2012年 | 2011年 | 2010年 | 2009年 | 2008年 | 

2013年

〈座学形式〉及び〈ワークショップ形式〉高齢者医療研修会 開催案内
〜総合評価加算に関わる研修〜
(全日本病院協会と共催企画)

両方の研修会(16時間)への参加により総合評価加算に関する施設基準を満たします
第55回日本老年医学会学術集会の開催に併せて、 2種の研修会を開催します。 単独の研修会への参加申込みが可能です。 未だ〈座学形式〉を受講してない方が、 先に〈ワークショップ形式〉へ申込むことが可能です。 非会員の医師の方の参加が可能です。 座学形式研修会に限り定員に余裕がある場合は 医師以外の参加を受け付けます。

※申込受付は終了しました
研修会事前申込方法:事前申込書のダウンロード (1)事前申込書の上で右クリック→「名前を付けて保存」を選択し→(2)ファイルを一度ご自分のPCデスクトップに保存する→(3)保存のときにファイル名の頭に参加者の姓名or所属施設名を漢字で加えて下さい→(4)デスクトップに保存したファイルを開いて各欄に所定の事項を入力する→(5)所定事項入力後の完成したそのファイルをメールで添付送信にてお申込みください。
ファイルをダウンロードができない場合は下記事務局へメールで連絡いただけばファイルをメールに添付して返信します。原則としてFAXでは受け付けません。
先着順で受け付け、「研修会受付け書」を返信いたします。
返信された「研修会受付け書」は、必ず、受講当日、研修会受付へお持ち下さい。

<座学形式>高齢者医療研修会 (8時間) 
開催日時:2013年6月6日(木) (第55回日本老年医学会学術集会3日目)
開催場所:リーガロイヤルNCB(大阪) 2 階 松 〒530-0005大阪市北区中之島6-2-27
受付人数:200名(事前申込み先着順):所定の書式による事前申込みが必要です。
第55回日本老年医学会学術集会(参加登録費12,000円)への参加登録が必要です(登録費は学術集会当日に学術集会参加登録受付にて)。
日本老年医学会の会員でない(非会員の)場合は、加えて座学形式研修会参加費13,000円が必要です(参加費は研修会当日に研修会会場受付にて)。この研修会申込の機会に入会され、入会申込書提出と12,000円の年会費振込をいただければ、会員資格で受講できます。是非ご入会されることをお勧めいたします。なお、「年会費」学術集会「参加登録費」とは別です。
【入会申込書はここからダウンロード】
定款および定款細則をご確認ください。
年会費(12,000円)のお支払いは、現金書留または郵便振替でお願い致します。現金書留の場合、入会申込書を同封して日本老年医学会事務局(〒113-0034 文京区湯島4-2-1杏林ビル702)までご郵送ください。郵便振替の場合は、振込用紙を送りますので送付先を学会事務局までFAX:03-3814-8604でご連絡下さい。
プログラム
時間テーマ講師
8:00−8:30受付時間 
8:40−8:45開会の挨拶/開催説明大内 尉義
8:45−9:00総合評価加算について(オリエンテーション)遠藤 英俊
9:00−9:40高齢者総合的機能評価遠藤 英俊
9:40−10:20高齢者の検査値の見方浅井 幹一
10:30− 11:10高齢者のリハビリテーション飯島 節
11:10−11:50高齢者の生活習慣病対策下門顕太郎
13:10−13:50高齢者の画像診断岩本 俊彦
13:50−14:30高齢者神経・精神症状とその対策荒井 啓行
14:30−15:10高齢者疾患の診断森本 茂人
15:10−15:50高齢者の栄養評価と栄養療法葛谷 雅文
16:00−16:40高齢者薬物療法の指針秋下 雅弘
16:40−17:20高齢者在宅医療三浦 久幸
17:20−18:00高齢者の終末期医療(高齢者の緩和ケア)三浦 久幸
18:00−18:40 高齢者への口腔ケアの必要性とその方法 角 保徳

<ワークショップ形式>高齢者医療研修会 (8時間)
開催日時:2013年6月7日(金)
開催場所:ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター ホールC(JR 大阪駅北)
http://www.congre-cc.jp/access/
〒530-0011 大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪内 ※去る5月8日までここに記載していた住所〒541-0047 大阪市中央区淡路町3-6-13 は誤りでしたので、正しい会場住所に訂正しました。
(前日の座学研修会の会場とは異なります)
電話:06-6292-6911

受付人数:200名(事前申込み先着順):所定の書式による事前申込みが必要です。
参加費:25,000円(会員、非会員とも)(参加費は研修会当日に研修会会場受付にて)。
プログラム (2教室に分かれて同時進行のため会場によりテーマの順番が入替る可能性があります)
時間テーマ
8:00−8:30受付時間 
8:30−8:50WS・KJ法の説明・アイスブレーキング
8:50−10:45高齢者総合機能評価と診療計画の作成
10:45−10:55 tea break
10:55−12:50高齢者薬物療法
12:50−13:30昼食
13:30−15:25事例検討1
15:25−15:35 tea break
15:35−17:30事例検討2
17:30−17:45 質疑応答
講師・ファシリテーター
遠藤英俊(国立長寿医療研究センター内科総合診療部)、杉本 研(大阪大学老年・腎臓内科学)、武地 一(京都大学老年内科)、中野博司(日本医科大学老年内科)、伊賀瀬道也(愛媛大学抗加齢・予防医療センター)、伊東範尚(大阪大学老年・腎臓内科)、大西美幸(大阪大学老年・腎臓内科)、川本龍一(愛媛大学地域医療学)、小原克彦(愛媛大学医学部附属病院)、鈴木一成 (日本医科大学老年内科)、永井勅久(愛媛大学医療教育学)、濱川慶之(京都大学老年内科)、松村典昭 (日本医科大学老年内科)、村山敏典(京都大学探索医療センター探索医療臨床部)、楽木宏実(大阪大学大老年・腎臓内科)、和田泰三(京都大学東南アジア研究所)他

申込み締め切り:2013年5月23日(木)但し定員に達した場合はその時点で受付を終了します。※受付は終了しました

修了証書:〈座学〉〈ワークショップ〉それぞれの研修内容の全てを履修された参加者に、それぞれの「修了証書」を発行します。研修会終了後、7月中に郵便でお送りします。

* 本研修会に関する問い合わせ先
一般社団法人 日本老年医学会事務局
E-mail:jgs@blue.ocn.ne.jp TEL:03-3814-8104 FAX:03-3814-8604
〒113-0034 文京区湯島4-2-1杏林ビル702


日本老年医学会は、平成20年より高齢患者を総合的に診療できる医師の養成を目的に、座学とワークショップからなり、研修期間は通算して16時間以上となる研修を実施しています。
常勤の医師又は歯科医師が受講されることにより、総合評価加算に関する施設基準を満たします。

総合評価加算について−厚生労働省HPより抜粋−
平成24年度診療報酬改定説明(医科)(平成24年4月27日修正)その2
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken15/dl/h24_04-27-02.pdf
平成24年度診療報酬改定説明(医科)(平成24年4月27日修正)その11
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken15/dl/h24_04-27-11.pdf
診療報酬の算定方法の一部を改正する件【告示】 平成24年度告示第76号 第1章 入院料等
(第2部 入院料等のなかの A240 総合評価加算(入院中1回) 100点
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken15/dl/2-2.pdf
診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について【 通知 】別添1(医科点数表その1)
(「医科診療報酬点数表に関する事項」のなかの A240 総合評価加算)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/iryouhoken15/dl/2-25-1.pdf

施設基準
【告示】基本診療料の施設基準等 第八入院基本料等加算の施設基準等
34 総合評価加算の施設基準
(1) 介護保険法施行令(平成十年政令第四百十二号)第二条各号に規定する疾病を有する四十歳以上六十五歳未満の者又は六十五歳以上の者の総合的な機能評価を適切に実施できる保険医療機関であること。
(2) 当該保険医療機関内に、高齢者の総合的な機能評価に係る研修を受けた医師又は歯科医師が一名以上配置されていること。
(3) 介護保険法施行令第二条各号に規定する疾病を有する四十歳以上六十五歳未満の者又は六十五歳以上の者の総合的な機能評価を行うにつき十分な体制が整備されていること。
通知 基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて
第25 総合評価加算
1 総合評価加算に関する施設基準
(1) 当該保険医療機関内に総合的な機能評価に係る適切な研修を修了した常勤の医師又は歯科医師が1名以上いること。
(2) 総合的な機能評価に係る適切な研修とは、次のものをいう。
ア 日本医師会、日本老年医学会その他関係学会等が実施するものであること。
イ 研修内容に高齢者に対する基本的な診察方法、高齢者の病態の一般的な特徴、薬物療法、終末期医療等の内容が含まれているものであること。
ウ 研修内容に総合的な機能評価、薬物療法等のワークショップが含まれたものであること。
エ 研修期間は通算して16時間以上程度のものであること。
(3) 当該保険医療機関内で高齢者の総合的な機能評価のための職員研修を計画的に実施すること




「高齢者医療研修会 ―総合評価加算に係る研修―(座学研修 および ワークショップ研修)」開催のお知らせ


【開催日時】平成25年6月6日(木)<座学研修>
        平成25年6月7日(金)<ワークショップ研修>
【開催場所】大阪市
【問い合せ先】社団法人 日本老年医学会事務局
         電話:03-3814-8104/FAX:03-3814-8604

■6月6日(木)の座学研修は、第55回日本老年医学会学術集会の最終日に開催します。
 座学研修受講のためには、まず学術集会への参加登録(12,000円)が必要です。
 当日、学術集会参加登録受付にてお支払下さい。

■開催時間・会場・申込方法・参加費の詳細は、決まり次第ご案内いたします。



「総合評価加算に係る研修(座学研修 および ワークショップ研修)」開催のお知らせ (全日本病院協会主催、日本老年医学会共催)


【開催日時】平成25年2月23日(土)8:55〜18:30<座学研修>
        平成25年2月24日(日)8:40〜17:40<ワークショップ研修>
【開催場所】TKP大阪梅田ビジネスセンター
       住所:大阪府大阪市福島区福島5-4-21 TKPゲートタワービル3階・4階
       電話:06-4797-6610
【参加申込】全日本病院協会へお申込下さい(詳細は下記をご参照下さい)
【問い合せ先】社団法人 全日本病院協会事務局
         電話:03-3234-5165/FAX:03-3237-9366

開催案内詳細
■社団法人 全日本病院協会ホームページ http://www.ajha.or.jp/seminar/kouki/