東北地方支部

過去の情報

最新情報に戻る | 2019年 | 2018年 | 2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年 | 2013年 | 2012年 | 2011年 | 2010年 | 2009年 | 2008年 | 2007年 | 

地方会および教育企画情報

2008年

第19回東北地方会及び教育企画


日時:2008年10月18日(土曜日)午前9時30分開始
会長:荒井 啓行(東北大学加齢医学研究所 加齢老年医学研究分野)
会場:艮陵会館 記念ホール
      仙台市青葉区広瀬町3−34 TEL:022−227−2721
演題締切:2008年9月20日(土曜日)に延長しました
申込方法:地方会演題登録ボタンからオンライン登録
        登録開始は 平成20年8月1日(金)

教育企画

教育企画「高齢者高血圧治療の進歩」
         東北大学薬学研究科臨床薬学分野教授 今井 潤
ランチョンセミナー:「アンチエイジングから後期高齢者の高血圧を考える」
         東京大学加齢医学/老年病科准教授 秋下 雅弘
事務局:東北大学加齢医学研究所 加齢老年医学研究分野
    加藤 淳子、三浦 智恵子
       TEL: 022−717−7182 FAX: 022−717−8498
       E-メール:geriatrics@idac.tohoku.ac.jp


第2回東北支部老年病専門医研修会のお知らせ



日本老年医学会認定老年病専門医の先生方におかれましては、日ごろ高齢者医療の現場でご活躍のことと存じます。
4項目で開催された第1回東北支部老年病専門医研修会(3月15日)に多数のご参加ありがとうございます。4月1日より後期高齢者医療制度加算がスタートしたこともあり、急遽残りの8項目の老年病専門医研修会を実施することになりました。前回の老年病専門医研修会(3月15日)にご参加の先生からアンケート調査を行いましたところ、5月31日に開催することをご希望の先生が過半数でしたので、平成20年5月31日に第2回老年病専門医研修会を開催する運びとなりました。前回の4項目と今回の8項目の受講を完了した先生には老年医学会より研修の修了証書が発行される予定です。日本老年医学会の定める12項目は以下です。
 1)高齢者総合的機能評価       2)高齢者の検査値の見方
 3)高齢者の薬物療法の指針      4)後期高齢者の生活習慣病対策
 5)高齢者の栄養評価と栄養療法    6)高齢者の神経・精神症状とその対策
 7)高齢者疾患の診断         8)高齢者の画像診断
 9)高齢者のリハビリテーション    10) 高齢者の在宅医療
 11) 高齢者の緩和ケア         12) 高齢者への口腔ケアの必要性とその方

前回の3月15日は1)5)6)8)の研修を、今回の5月31日には2)3)4)7)9)10)11)12)の研修を行うこととなります。
また前回の4項目を研修を受けなかった先生でも、今後開催されます研修と組み合わせて12項目を修めることが可能となるかと思われます。日本老年医学会東北支部では、今後も、東北地区の専門医の先生方を中心としたこのような研修会を企画していく所存です。開催時期が迫っており、はなはだ恐縮ですが、本企画の趣旨にご理解を賜り、是非ご参加いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
       平成20年4月 吉日
                 日本老年医学会東北支部長 荒井啓行

第2回「後期高齢者を総合的に診る医師の研修」のための老年病専門医研修
日時:平成20年5月31日(土)10:00〜17:00

場所:東北大学医学部 1号館(旧基礎研究棟)1階 第1講義室(前回と同じ場所です)
研修内容: 1.講義とパワーポイント資料を用いた研修
     2.DVD映像を用いた研修

企画:東北大学 加齢医学研究所 加齢脳・神経研究部門 加齢老年医学研究分野
荒井 啓行
事務局 :東北大学 加齢医学研究所 加齢老年医学 海老原 覚
〒980−8575 仙台市青葉区星陵町4−1 TEL: 022-717-7182 FAX 022-717-8498(医局引越しに伴い住所等が若干変更されています)
プログラム(予定)
10:00〜10:05 開会の挨拶 老年医学会東北支部長 荒井 啓行 
10:05〜10:35 研修1 高齢者の薬物療法の指針(荒井)
10:35〜11:05 研修2 高齢者疾患の診断(大類)
11:15〜11:45 研修3 高齢者の検査値の見方(海老原)
13:00〜13:30 研修4 後期高齢者の生活習慣病対策(荒井)
13:30〜14:00 研修5 高齢者のリハビリテーション(DVD研修予定)
14:10〜14:40 研修6 高齢者在宅医療(DVD研修予定)
14:40〜15:10 研修7 高齢者の緩和ケア(DVD研修予定)
15:20〜15:50 研修8 高齢者への口腔ケアの必要性とその方法(DVD研修)
15:50〜17:00 閉会の挨拶・研修修了証書授与 秋田看護大学 佐々木 英忠


参加申込方法:所定の返信FAX用紙にて5月26日(月)までに出欠のご連絡を御願い申し上げます。
次の部分をクリックすると所定の返信FAX用紙を含めて詳細がが表示されます。
この返信FAX用紙にて申し込みください。



老年病専門医研修会のお知らせ(平成20年3月15日 於 仙台)

「後期高齢者を総合的に診る医師の研修」のための老年病専門医研修
開催目的
日本老年医学会・老年病専門医の先生方におかれましては、日ごろ高齢者医療の現場でご活躍のことと存じます。
来年度から開始される、後期高齢者医療制度の創設を前に、日本の高齢者医療の重要性は益々増しており、今後医療の現場では高齢者、特に後期高齢者を包括的に診療する医師の必要性が強調されております。
日本老年医学会は現在東北地区に40余名の専門医の方々がおられますが、老年医学会(老人医療委員会ならびに教育委員会)では地域医師(かかりつけ医)への後期高齢者医療制度に見合う、老年医学教育を実施するため、専門医の先生方のお力を拝借して進めていく必要が確認されております。
従って今後先生方に東北地区の高齢者医療、特に後期高齢者医療の指導者としてご活躍をお願いせねばならないところであります。
今まで日本老年医学会では専門医の先生方に対する教育を学術集会における教育企画で行っておりましたが、今後は後期高齢者医療制度に見合う、専門医の先生方に対する地域での継続的な教育企画が要請されているところであります。
そのような背景より、日本老年医学会東北支部では、東北地区の専門医の先生方を中心とした研修会を企画いたしました。是非ご参加いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
参加の場合、「地方支部主催の老年病専門医を対象とした企画」として、認定更新のための10単位が取得できます。

日時:平成20年3月15日(土)14:00〜17:00
会場:東北大学医学部 1号館(旧基礎研究棟)1階 第1講義室
研修内容: 1.後期高齢者医療制度について
       2.パワーポイント資料を用いた研修
        予定テーマ:CGA・認知症・高齢者と栄養・高齢者画像診断
企画担当:荒井 啓行
     (東北大学加齢医学研究所 加齢脳・神経研究部門 加齢老年医学研究分野)
事務局(問合せ先):東北大学病院 老年科 海老原 覚
             〒980−8574 仙台市青葉区星陵町1−1 
      TEL:022-717-7182 FAX:022-717-7186
      E-mail:dept @geriat.med.tohoku.ac.jp
参加申込方法
 FAX番号022−717−7186
  東北大学病院老年科内 老年病専門医研修会事務局 海老原 宛 に
 3月10日(月)までに下記項目をご連絡ください。
 「氏名」「所属」 「連絡先として:Tel番号、Fax番号、メールアドレス」

プログラム(予定)
14:00〜14:05 開会の挨拶 老年医学会東北支部長 荒井啓行 
14:05〜14:25 後期高齢者医療制度改革について 大泉鉄之助
            (仙台市議会議員 宮城県後期高齢者医療広域連合議会議長)
14:25〜14:55 後期高齢者医療と老年医学会 鳥羽研二(杏林大学高齢医学)
14:55〜15:05 休憩

専門医研修
15:05〜15:30 高齢者の総合機能評価 鳥羽 研二(杏林大学 高齢医学)
15:30〜15:55 高齢者の栄養評価と栄養管理 大類 孝(東北大学病院 老年科)
15:55〜16:05 休憩
16:05〜16:30 高齢者の認知症とせん妄 荒井 啓行 
            (東北大学 加齢医学研究所 加齢老年医学研究分野)
16:30〜16:55 高齢者の画像診断 山口 龍生(仙台星陵クリニック) 
16:55〜17:00 閉会の挨拶 老年医学会前東北支部長 佐々木 英忠 
            (秋田看護福祉大学 学長)