関東甲信越地方支部

過去の情報

最新情報に戻る | 2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年 | 2013年 | 2012年 | 2011年 | 2010年 | 2009年 | 2008年 | 2007年 | 2006年 | 2005年 | 2004年 | 

地方会および教育企画情報

2009年

第50回関東甲信越地方会及び教育企画

日時:2009年9月12日(土曜日)
会長:大塚邦明(東京女子医科大学東医療センター病院長・内科教授)
会場:東京女子医科大学弥生記念講堂
     〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1
演題締切:平成21年8月7日(火曜日)午後5時に延長
申込方法:地方会演題登録ボタンからオンライン登録
   登録開始は平成21年6月24日(水)
奨励賞:
奨励賞選考の希望の場合は、演題登録画面の最後の方にある、希望の有無をチェックする項目で登録ください。応募対象者は筆頭演者が代議員以外の40歳未満の本学会員
発表演題は原則として症例報告。受賞者は、受賞後6ヶ月以内に日本老年医学会雑誌ないしGeriatrics & Gerontology Internationalに原著ないし症例報告論文として投稿する義務があります

教育企画

第50回記念:
 日本老年医学会関東甲信越地方会の歩み 日本医科大学老年内科 大庭建三
 第50回記念講演 よりよい高齢者医療を支えるための老年医学 健康科学大学 折茂 肇
特別講演:
第19回国際老年学会に参加して―最近の老年医学の動向
 東京都健康長寿医療センター名誉院長・高知大学名誉教授 小澤利男

教育講演・ランチョンセミナー
地域在住高齢者の"こころの健康"をさぐる―フィールド医学の現場から 
 京都大学東南アジア研究所 松林公蔵

シンポジウム:「高齢者のための予防医学」
高齢者脳卒中の現状と予防 東京女子医科大学総合研究所研究部 橋本しをり
中国西域少数民族の自然長寿―特にウイグル族について
 日本歯科大学生命歯学部内科 河村 博
土佐町長寿健診における高齢者の予防医学
 東京女子医科大学東医療センター内科 山本直宗
CGAを用いた地域在住高齢者のための健康長寿計画:その成果とピットフォール
 高知大学医学部老年病科 西永正典

事務局:
〒116-8567 東京都荒川区西尾久2-1-10
東京女子医科大学東医療センター内科 山中 崇
TEL:03(3810)1111 FAX:03(5855)6258
E-mail:aginghm@dnh.twmu.ac.jp



老年病専門医研修会のお知らせ(平成21年3月29日 於 東京)


「後期高齢者を総合的に診る医師の研修」のための老年病専門医研修
日本老年医学会関東甲信越支部長 大庭建三
高齢者の医療を担当するに相応しい老年病専門医を養成することを目的にした研修会を支部主催で開催します。
本研修の受講について:後期高齢者総合評価加算の届出に係る研修については、施設基準通知において、平成21年3月31目までの期間においては、本研修を受講し、修了していることで差し支えないこととされています。なお、その場合であっても平成22年3月31目までに、総合的な機能評価、薬物療法等のワークショップが必須とされる内容を含む研修(8時間程度)を追加で受講することが必要になりますが、日本老年医学会では、このワークショップが含まれる研修会を、7月以降には開催できるよう担当委員会を中心に準備中です。
本研修会での12項目を全て履修された方に「修了証書」を発行いたします。

日時:平成21年3月 29日(日)8:30〜17:00

会場:日本医科大学 教育棟(東京都文京区千駄木1-1-5)
事務局:日本医科大学 老人科
〒113-8603 東京都文京区千駄木1-1-5  TEL 03(3822)2131 FAX 03(5685)3066
参加費:日本老年医学会会員5,000円 非会員10,000円
研修内容:(以下の12項目)
  1)高齢者総合的機能評価       2)高齢者の検査値の見方
 3)高齢者の薬物療法の指針       4)後期高齢者の生活習慣病対策
 5)高齢者の栄養評価と栄養療法   6)高齢者の神経・精神症状とその対策
 7)高齢者疾患の診断         8)高齢者の画像診断
 9)高齢者のリハビリテーション   10)高齢者在宅医療
 11)高齢者の緩和ケア       12)高齢者への口腔ケアの必要性とその方法

修了証書:所定の専門医研修12項目の全てを履修された参加者に、「修了証書」を発行します。
本研修の修了証書は、後期高齢者総合評価加算の算定要件にある「後期高齢者の総合的な機能評価に係る研修」の16時間の研修のうち8時間分を修了した証明となります。
申込要領:
1. 出来るだけ、携帯以外のメールでお申し込みください。
申込送付先アドレス:nakagami@nms.ac.jp
メールには、下記の必要情報をご記載下さい。
折り返し、受付番号・地図等を記載した「受付票」を添付し、メールで返信します。

2. メール・アドレスのない方
下記の必要情報をご記入の上、FAX(03-5685-3066)して下さい。
折り返し、受付番号・地図等を記載した「受付票」FAXで返信します。

☆ 貴方が日本老年医学会 会員の場合 は次の事項をご連絡ください。
  修了証書は学会誌送付先にお送りします。

1.お名前
2.ご所属
3.会員番号
4.E-Mail
5.電話番号
6.FAX番号
貴方が、12項目のうち既に開催された老年病専門医研修会(他の支部主催又は2008年6月の年次学術集会)で受講されている項目がある場合、その受講状況についてお知らせください。
7.受講した支部名等:
8.受講した項目数:


☆ 貴方が 非会員の場合 は次の欄にご記入下さい。
研修会終了の後に郵送する研修の「修了証書」の送付先、あるいは緊急な場合のご連絡に使用しますので、記入もれ、誤記入等のないようお願い致します。

1.お名前
2.フリガナ
3..ご所属
4.ご連絡先
  1)郵便番号
  2)住所
  3)E-Mail
  4)電話
  5)FAX


先着順に返信します。申込後、一両日中に返信のない場合は、事務局にご連絡ください。
200名の定員でご案内しております。定員に達しましたら締め切ります。

本研修に関する問い合わせ先および
 事務局:日本医科大学 老人科
 〒113-8603 東京都文京区千駄木1-1-5
 TEL 03(3822)2131 FAX 03(5685)3066
 日本医科大学 老人科 中上






第49回関東甲信越地方会及び教育企画


一般演題含めてプログラムの詳細が決まりました
次の部分をクリックするとプログラム(発表方法、時間割、抄録)が表示されます。

日時:2009年3月7日(土曜日)
会長:大鈴文孝(防衛医科大学校循環器内科教授)
会場:大手町サンスカイルーム(朝日生命大手町ビル27階)
     〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-1
演題締切日:2009年1月9日(金)17時に延長しました
申込方法:地方会演題登録ボタンからオンライン登録
   登録開始は2008年10月21日(火)
奨励賞(応募の条件、受賞した場合の義務 等):
演題登録画面の最後の方に、本賞選考の希望の有無をチェックしていただく項目があります。
本賞への応募対象者は、筆頭演者が代議員以外の40歳未満の本学会員で本賞の選考を希望する方で、発表演題は原則として症例報告とします。 
奨励賞受賞者は、受賞後6ヶ月以内に日本老年医学会雑誌ないしGeriatrics Gerontology Internationalに原著ないし症例報告論文として投稿する義務があります。

教育企画

特別講演:「高齢者のうつ病」
        防衛医科大学校精神科学教授 野村総一郎
教育講演:「「薬剤耐性菌感染症と対策」
        埼玉医科大学感染症科・感染制御科教授 前ア繁文
ランチョンセミナー:「「循環器疾患とアルドステロン」
        東京慈恵医科大学循環器内科教授 吉村道博

事務局:〒359-0042 埼玉県所沢市並木3-2
    防衛医科大学校老年内科(内科1) 池脇克則
    TEL:04-2995-1597  FAX:04-2996-5200
    E-mail:katsunorike@ndmc.ac.jp