東海地方支部

支部情報

支部長 葛谷 雅文(名古屋大学大学院医学系研究科地域在宅医療学・老年科学講座 教授)
支部事務局 〒466-8560 名古屋市昭和区鶴舞町65
名古屋大学医学部附属病院老年内科 梅垣宏行
TEL:052-744-2364 FAX:052-744-2371

地方会演題

演題登録はオンラインで行います。
地方会開催後、日本老年医学会雑誌に「地方会記録」として掲載され、 J-STAGE(科学技術情報発信・流通総合システム)上に 「日本老年医学会地方会記録」としてPDF形式で掲載されます。

演題登録の際には必ず演題募集要項を参照してください。

演題を登録するときにCOIの自己申告も登録してください。発表に際しては、COIの有無について必ずスライドにて開示してください。

>>第31回東海地方会の演題登録はこちら<<

地方会および教育企画情報

第31回日本老年医学会東海地方会及び教育企画

会期:2020年10月3日(土)
会場:名古屋大学医学部附属病院 中央診療棟3階 講堂
〒466−8550 名古屋市昭和区鶴舞町65
会長:武地 一(藤田医科大学医学部 認知症・高齢診療科 教授)
演題申込方法:地方会演題登録画面よりオンライン登録
演題登録開始:2020年6月1日(月)
演題登録締切:2020年7月20日(月)

※演題発表はweb開催とします。
 詳細は、発表者へ決定次第ご連絡します。


本会テーマ:『持続可能な社会を支える老年医学の新たな展開』

13:00〜13:05 開会挨拶

教育企画


13:05〜13:50 教育講演

テーマ 『高齢者救急におけるmultimorbidity・老年症候群にどう向き合うか(仮)』
座長 赤津 裕康(名古屋市立大学大学院 地域医療教育学 教授)
演者 岩田 充永(藤田医科大学病院 救急総合内科 教授)

通常企画


13:50〜14:50 ポスター発表

15:00〜16:40 シンポジウム
テーマ 『地域と暮らしを支える老年医学的アプローチ』
座長 大西 丈二(名古屋大学医学部附属病院 老年内科 講師)
   武地 一(藤田医科大学医学部 認知症・高齢診療科 教授)
 1.「地域と暮らしを支える世界各国の取り組み(仮)」
   鈴木裕介(名古屋大学医学部附属病院 病院准教授)
 2.「当事者とともに実践する伴走型ケア〜forからwithへ〜(仮)」
   鬼頭史樹(名古屋市北区西部いきいき支援センター 社会福祉士)
 3.「日々の暮らしを支える企業の取り組み(仮)」
   杉浦伸哉(スギ薬局 常務取締役)
 4.「地域包括ケアの持続にむけて(仮)」
   都築 晃(藤田医科大学 地域包括ケア中核センター 講師)

教育企画


16:40〜17:30 特別講演

テーマ 『フレイル健診のめざすところ(仮)』
座長 冨本 秀和(三重大学大学院医学系研究科 神経病態内科学 教授)
演者 津下 一代(あいち健康の森健康科学総合センター センター長)

17:30〜17:35 閉会挨拶

<事務局>
名古屋大学大学院医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学内
日本老年医学会東海地方会事務局 担当:武藤、小林
〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65
TEL:052-744-2364   FAX:052-744-2371
Email:ro-hisyo@med.nagoya-u.ac.jp


過去の情報

| 2020年 | 2019年 | 2018年 | 2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年 | 2013年 | 2012年 | 2011年 | 2010年 | 2009年 | 2008年 | 2007年 |