東海地方支部

過去の情報

最新情報に戻る | 2019年 | 2018年 | 2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年 | 2013年 | 2012年 | 2011年 | 2010年 | 2009年 | 2008年 | 2007年 | 

地方会および教育企画情報

2009年

第20回日本老年医学会東海地方会及び教育企画

下記の通り第20回日本老年医学会東海地方会を開催致します。是非ご参加いただき御研究の一端を当会において発表して頂きたく演題を募集致します。  
尚、日本老年医学会会員以外の方(看護師、ケアマネジャー、その他コメディカル等)の参加、発表も歓迎いたします。
日   時:2009年10月17日(土)13時より
会   長:大島伸一(国立長寿医療センター総長)
事務局長:葛谷雅文(名古屋大学大学院医学系研究科老年科学教室)
会   場:名古屋大学医学部附属病院 中央診療棟3階 講堂
 〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65番地
演題登録開始:2009年7月13日(月曜日)
演題登録締切:2009年8月27日(木曜日)に延長しました
  一般演題の地方会当日の発表方法:ポスター
  ポスターのサイズ:最大縦180p 横90p)

教育企画:

プログラム
13:05〜14:50 [企画1] 教育セッション "長寿医療の技と心"
座長:加知輝彦(国立長寿医療センター)、:浅井幹一(藤田保健衛生大学医学部一般内科)
1:認知症患者に寄り添う看護 佐々木千佳子(国立長寿医療センター南1病棟)
2:「入院患者を転ばせない、転んでも骨を折らない」組織作り
  徳田治彦(国立長寿医療センター医療情報・リスクマネージメント室)
3:肺炎を予防する口腔ケア  渡邉 哲(国立長寿医療センター歯科・口腔外科)
4:真の満足度を得るための高齢者総合診療―NBMを中心に
  遠藤英俊(国立長寿医療センター包括診療部)
14:50〜15:30 ポスター発表
15:30〜17:00 [企画2] パネルディスカッション 冬場に備える感染対策―ノロウイルスから新型インフルエンザまで
モデレーター:八木哲也(名古屋大学医学部附属病院 中央感染制御部 村上啓雄(岐阜大学医学部附属病院 生体支援センター)
1:精神科病院及び老人保健施設でのノロウイルス感染症アウトブレイク事例
  のぞみの丘ホスピタル看護部 安藤正枝
2:高齢者介護施設での感染対策―特にインフルエンザについて 緑保健所 鈴木 幹三
3:病院感染管理看護師の立場から 愛知医科大学感染予防対策室 村松有紀
4:予防接種 岐阜大学医学部附属病院 生体支援センター 村上啓雄
5:新型インフルエンザ 名古屋大学医学部附属病院 中央感染制御部 八木哲也
17:00〜18:00 [企画3]特別講演 老年医学の過去・現在そして未来
小澤利男 高知大学名誉教授・東京都健康長寿医療センター名誉院長 

事務局:
 〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65番地
 名古屋大学大学院医学系研究科老年科学教室内
 日本老年医学会東海地方会事務局 鈴木
メール:suzuki21@med.nagoya-u.ac.jp
TEL:052-744-2364 FAX:052-744-2371