東海地方支部

過去の情報

最新情報に戻る | 2019年 | 2018年 | 2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年 | 2013年 | 2012年 | 2011年 | 2010年 | 2009年 | 2008年 | 2007年 | 

地方会および教育企画情報

2016年

第27回日本老年医学会東海地方会及び教育企画

会期:2016年9月17日(土)13時より
会場:名古屋大学医学部附属病院 中央診療棟3階 講堂
〒466−8550 名古屋市昭和区鶴舞町65
会長:荒井 秀典(国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 副院長)
演題申込方法:地方会演題登録画面よりオンライン登録
演題登録開始:2016年6月13日(月)
演題登録締切:2016年7月18日(月) 延長しました

教育企画

本会テーマ:『老年医学の新たな展開』
13:00〜13:05 開会挨拶
13:05〜14:05 教育企画

テーマ『認知症のリハビリテーション』
座長:前島 伸一郎(藤田保健衛生大学医学部 リハビリテーション医学U講座 教授)
原 寛美(桔梗ヶ原病院 副院長 高次脳機能リハビリテーションセンター長)


13:05〜13:20  1.「認知症リハビリテーションの概要」
前島 伸一郎(藤田保健衛生大学医学部リハビリテーション医学U講座 教授)

13:20〜13:35  2.「認知症リハビリテーションの実際」
大沢 愛子(国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 認知行動科学研究室 室長)

13:35〜13:50  3.「認知症に対する運動(理学・作業)療法」
植田 郁恵(国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 第一作業療法 主任)

13:50〜14:05  4.「認知症-記憶障害に対するリハビリテーション」
原 寛美(桔梗ヶ原病院 副院長 高次脳機能リハビリテーションセンター長)


14:05〜14:50 ポスター発表

15:00〜16:30 シンポジウム
テーマ『初期集中支援チーム:各地の取り組み』
座長:武地 一(藤田保健衛生大学医学部 認知症・高齢診療科 教授)
梅垣 宏行(名古屋大学大学院医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学 講師)


15:00〜15:25  1.「半田市におけるチームの位置づけと活動について」
籾山 嘉樹(半田市医師会 副会長 もみやま医院 医院長)

神谷 みづ穂(半田市健康子ども部保健センター 保健師) 

15:25〜15:50  2.「名古屋市千種区における3年目の取り組みと課題解決に向けて」
江口 裕美(名古屋市千種区東部いきいき支援センター 所長)

15:50〜16:15  3.「名古屋市港区の活動報告と地域で支え合う町づくりについて」
堀尾 篤史(名古屋市港区西部いきいき支援センター 認知症地域支援推進員 社会福祉士)

16:15〜16:30  4. 総合討論

16:30〜17:30 特別講演
テーマ『高齢者の安全な薬物療法ガイドラン:課題と展望』
座長:荒井 秀典(国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 副院長)
演者:秋下 雅弘(東京大学医学部附属病院 老年病科 教授)

17:30〜17:35 閉会挨拶

<事務局>
名古屋大学大学院医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学講座内
日本老年医学会東海地方会事務局 担当:富田

〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65
TEL:052-744-2364
FAX:052-744-2371
Email:e-tomita@med.nagoya-u.ac.jp