近畿地方支部

過去の情報

最新情報に戻る | 2019年 | 2018年 | 2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年 | 2013年 | 2012年 | 2011年 | 2010年 | 2009年 | 2008年 | 2007年 | 

地方会および教育企画情報

2008年

第19回日本老年医学会近畿地方会及び教育企画


日時:2008年11月15日
会長:横出正之(京都大学臨床創成医学教授)
会場:芝蘭会館(京都大学医学部構内)
    〒606-8501 京都市左京区吉田近衛町京都大学医学部構内
    TEL:075-753-9336
演題締切:2008年9月19日(金曜日)17:00に延長しました
申込方法:地方会演題登録ボタンからオンライン登録
          登録開始 平成20年8月4日(月)から

教育企画: 

特別講演「高齢者糖尿病の管理の視点-メタボリックシンドロームを中心に-」
      東京都老人医療センター院長 東京都老人総合研究所 井藤英喜
ランチョンセミナー「高齢者生活習慣病の包括的治療」
      大阪大学老年・腎臓内科 楽木宏実
事務局:〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
   京都大学医学部附属病院探索医療センター探索医療臨床部内
    第19回日本老年医学会近畿地方会事務局
    TEL:075-751-4743 FAX075-761-6816
    E-mail:yokocell@kuhp.kyoto-u.ac.jp
  事務局幹事:荒井秀典(京都大学医学部附属病院老年内科)

市民公開講座

 
日時:2008年11月15日
主催:第19回日本老年医学会近畿地方会
会場:芝蘭会館(京都大学医学部構内)
    〒606-8501 京都市左京区吉田近衛町京都大学医学部構内
    TEL:075-753-9336
「ここが知りたい 新しい高齢者医療」
仙台往診クリニック 田中誠、
北川内科医院京都府医師会理事 北川靖、
京都保健会東九条訪問看護ステーション所長 阿部未知

事務局:〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
   京都大学医学部附属病院探索医療センター探索医療臨床部内
    第19回日本老年医学会近畿地方会事務局
    TEL:075-751-4743 FAX075-761-6816
    E-mail:yokocell@kuhp.kyoto-u.ac.jp
  事務局幹事:荒井秀典(京都大学医学部附属病院老年内科)



老年病専門医研修会のお知らせ(於 大阪)


「後期高齢者を総合的に診る医師の研修」のための老年病専門医研修
日本老年医学会近畿支部長 支部長 荻原 俊男
 
 日本老年医学会・老年病専門医の先生方におかれましては、日ごろ高齢者医療の現場でご活躍のことと存じます。
 さて、超高齢者社会の到来と来年度から開始される後期高齢者医療制度の創設を前に、今後医療の現場では高齢者、特に後期高齢者を包括的に診療する医師の必要性が強調されております。老年医学会(老人医療委員会ならびに教育委員会)では、日本医師会の要請を受け、後期高齢者医療制度に対応される地域医師(かかりつけ医)への老年医学教育に積極的に貢献することになりました。日本老年医学会は現在近畿地区に270余名の専門医の方々がおられますが、先生方にはご自身でこの制度にかかわりを持たれるだけでなく、近畿地区の高齢者医療、特に後期高齢者医療の教育指導者としてもご活躍をお願いしたく存じます。これまで日本老年医学会では専門医の先生方に対する教育を学術集会における教育企画で行っておりましたが、今後は後期高齢者医療制度に見合う、老年病専門医の先生方に対する地域での継続的な教育企画を行っていく所存です。
 つきましては、先生方の専門医としての講習に加え、講習を修了された専門医の皆様に医師会に対しての教育指導者としてご活躍いただけるよう、近畿地区の老年病専門医の先生方を対象とした研修会を企画いたしました。老年病専門医の地位を高めることにもなると存じますし、先生方が後期高齢者医療制度に臨床面から関わられるに際してお役に立てるものと存じます。研修会へのご参加ならびに、今後の地域医師(かかりつけ医)に対する教育指導にご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。
 厚生労働省保険局からの通知(平成20年3月5日)において、「研修期間は通算して16時間以上程度のものであること。ただし、平成21年3月31日までの期間においては、1日8時間又は通算して8時間程度の研修を修了していることで差し支えないこととする。なお、その場合には、平成22年3月31日までに、不足する内容を補足する研修を追加で受講する旨届け出ることとし、研修を修了した際には、改めて修了した旨届け出ること。」という研修時間と、「研修内容に高齢者に対する基本的な診察方法、高齢者の病態の一般的な特徴、薬物療法、終末期医療等の内容が含まれているものであること。」または「研修内容に総合的な機能評価、薬物療法等のワークショップが含まれたものであること。」という研修内容が明示されました。後期高齢者総合評価加算に関する施設基準として、「上記の研修を修了した常勤の医師又は歯科医師が1名以上いること。」も明示されており、医師会でも対応を進めるものと思われます。本研修を修了された専門医の先生に、医師会から講師依頼があることも考えられます。
 下記の2回の講習会を受講いただき、全12項目の履修をお願いいたします。12項目を修了していただきますと、修了証の発行ならびに「地方支部主催の老年病専門医を対象とした企画」として老年専門医の認定更新のための10単位を認定いたします。但し、同じ内容で開催される他支部の研修会を含め、複数の日の研修に参加されても、取得できる単位数は最大10単位です。

修了証は、後期高齢者総合評価加算の施設基準に係る届出書に必要です。なお、高齢者の神経・精神症状とその対策に関しては厚生労働省委託事業として開催する「主治医研修事業」、「認知症サポート医養成研修事業」及び「かかりつけ医認知症対応力向上研修」を修了している方は不要です。
 修了症を発行する都合上、事前申込みを添付の用紙にてお願い申し上げます。参加費は無料です。多数の皆様のご参加をお待ちしております。

「後期高齢者を総合的に診る医師の研修」のための老年病専門医研修会プログラム
平成20年7月26日(土) 13:40-18:00
13:40-13:50 挨拶・制度説明 近畿支部長 荻原俊男
13:50-14:30 高齢者疾患の診断 大阪大学老年・腎臓内科学 楽木宏実
14:30-15:10 高齢者の検査値の見方 京都大学加齢医学 若月芳雄
15:10-15:50 高齢者の画像診断 京都大学加齢医学 近藤祥司
15:50-16:00 休憩
16:00-16:40 後期高齢者の生活習慣病対策 大阪大学老年・腎臓内科学 勝谷友宏
16:40-17:20 高齢者の緩和ケア 神戸大学老年内科学 原 賢太
17:20-18:00 高齢者の神経・精神症状とその対策 神戸大学老年内科学 櫻井 孝
(最後の項目は、厚生労働省委託事業として開催する「主治医研修事業」、「認知症サポート医養成研修事業」及び「かかりつけ医認知症対応力向上研修」を修了している方は省略可能)
平成20年8月9日(土) 13:40-18:00
13:40-14:20 高齢者総合的機能評価 大阪大学老年・腎臓内科学 大石 充
14:20-15:00 高齢者の薬物療法の指針 京都大学加齢医学 横出正之
15:00-15:40 高齢者の栄養評価と栄養療法 京都大学加齢医学 荒井秀典
15:40-15:50 休憩
15:50-16:30 高齢者のリハビリテーション 大阪大学老年・腎臓内科学 藤澤智巳
16:30-17:10 高齢者への口腔ケアの必要性とその方法 神戸大学老年内科学 永田正男
17:10-17:50 高齢者在宅医療 神戸大学老年内科学 横野浩一
17:50-18:00 修了証授与 近畿支部長 荻原俊男

参加申込:
次の部分をクリックすると参加申込用紙、会場への地図を含めて詳細がが表示されます。
この参加申込用紙にて申し込みください。

先着順に受付し、順次返信いたします。
7月10日(水)必着(〆切)でお願い申し上げます。
本研修に関する問合せ先:
事務局:
大阪大学 老年・腎臓内科学
  〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-2, B6
  TEL 06(6879)3852  FAX 06(6879)3859
  大阪大学 老年・腎臓内科学 大石 充