四国地方支部

過去の情報

最新情報に戻る | 2020年 | 2019年 | 2018年 | 2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年 | 2013年 | 2012年 | 2011年 | 2010年 | 2009年 | 2008年 | 

地方会および教育企画情報

2010年

第21回四国地方会及び教育企画

日時:2010年2月20日(土曜日)
会長:土井俊夫(徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部)
会場:徳島大学病院西病棟「日亜メディカルホール」
    〒770-8503 徳島市蔵本町2丁目50-1 TEL:088-633-7184
演題締切:2009年12月24日(木)17時 延長しました
申込方法:地方会演題登録ボタンからオンライン登録
   登録開始は2009年10月1日(木)から

教育企画

教育企画:
 「動脈硬化症の進歩」(仮題)
   北 徹 (神戸市立医療センター中央病院長)
ランチョンセミナー: 未定
本地方会事務局:
徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 腎臓内科学
      〒770-8503 徳島市蔵本町3丁目18-15
      TEL. 088-633-7184 FAX. 088-633-9245
      E-mail: okazawa@clin.med.tokushima-u.ac.jp
      担当:岡澤 洋子



四国支部 ワークショップ形式 老年病専門医研修会開催のご案内

                           平成21年11月吉日 
日本老年医学会四国支部長 高知大学 土居義典
日本老年医学会教育委員会委員長 愛媛大学 三木哲郎
高齢者医療においては、高齢者の心身の特性を総合的に診療できる「高齢者担当医」の養成が重要です。
日本老年医学会では、平成20年より「高齢者担当医」の養成・再教育に関する研修・講習会での講師を依頼された場合に備え、それを担当する老年病専門医を養成することを目的にした研修会を開催していますが、その一環として来年2月14日(日)にワークショップ形式の老年病専門医研修会を開催します。
日  時:平成22年2月14日(日) 9:30−16:45
場  所:愛媛看護協会/看護研修センター2階「大研修会」
〒790−0843 松山市道後町2丁目11の14
TEL(089)923−1287
※ 看護研修センターには駐車場は、併設していませんが、徒歩5分の県民文化会館または南町電停南側に駐車場があります。
申込資格:日本老年医学会が平成20年以降、学術集会あるいは各支部で開催してきた座学形式の老年病専門医研修会に参加し12項目を全て履修された、医師の方に限らせていただきます(ワークショップ形式のため多数を受け付けることができません)。
受付人数:100名(先着順)
参加費:20,000円(昼食代含む)
     (非会員も同額で参加できます。参加費は当日会場受付にお持ち下さい)
修了証書:研修内容の全てを履修された参加者に、「修了証書」を発行します。
      研修会終了後、3月中に郵便でお送りいたします。
研修会事前申込方法:所定の事前申込書は≪こ こ≫をクリックすると
表示されますので、それに従い、メールまたはFAXでお申込み下さい。できるだけメールで添付ファイルに入力いただいたものでお申込みください。
先着順で100名を受け付け、「研修会受付け書」を順次返信いたします。
返信された「研修会受付け書」は、必ず、受講当日、研修会受付へお持ち下さい。
申込み締め切り:1月15日(金)必着(但し定員に達した場合はその時点で受付を終了します)
スケジュール
9:30−9:40  オリエンテーション
9:40−11:00  高齢者総合機能評価と診療計画の作成 
11:00−11:15 休憩
11:15−12:45 高齢者薬物療法
12:45−13:30 昼食休憩
13:30−15:00 事例検討1  
15:00−15:15 休憩
15:15−16:45 事例検討2
16:45      終了

資料:
下記は、平成20年4月1日より適用されている「基本診療料の施設基準等」(平成20年厚生労働省告示第62号)の中からの抜粋です。
第25 後期高齢者総合評価加算
1 後期高齢者総合評価加算に関する施設基準
(1) 当該保険医療機関内に総合的な機能評価に係る適切な研修を修了した常勤の医師又は歯科医師が1名以上いること。
(2) 総合的な機能評価に係る適切な研修とは、次のものをいう。
ア日本医師会、日本老年医学会その他関係学会等が実施するものであること。
イ研修内容に高齢者に対する基本的な診察方法、高齢者の病態の一般的な特徴、薬物療法、終末期医療等の内容が含まれているものであること。
ウ研修内容に総合的な機能評価、薬物療法等のワークショップが含まれたものであること。
エ研修期間は通算して16時間以上程度のものであること。

今回の研修会はウに相当します。平成20年以降に本会が開催してきた座学形式研修会はイに相当します。

* 本研修会に関する問い合わせ先
高知大学医学部老年病科 西永 正典
〒780-0912 高知市八反町1丁目15番15号
イブニング・グロー内 老年病専門医研修会事務局
TEL:088-824-2715 FAX:088−824−9244
E-mail:e.g-convention@tenor.ocn.ne.jp